テラ少額短期保険

お問い合わせ・資料請求

最先端のがん治療、がん免疫細胞療法の治療費を保障します

【がんと診断されたら100万円】

がん保険は各社様々な商品設計をしており、
三大治療に対する保障はある程度充実しています。
一方、これから出てくる新しい治療が三大治療に該当するとは限らず、
保障の対象にならない可能性もあります。
免疫療法に限らず新しい治療はこれからも
医療技術の進歩によりどんどん出てくることでしょう。
この保険はがん免疫細胞療法を受けやすくするために生まれたものですが、
最先端の治療をある程度自由に選択するためには、それらにいち早く対応できるよう、
診断時に自由に使えるまとまった保障が必要であると考えています。 ※がんとは悪性新生物を意味し、上皮内新生物は保険金の支払い対象にはなりません。

【がん免疫細胞療法を受けたら60万円】

最先端のがん治療の中でもがん免疫細胞療法は数多くの実績があり、
国内の著名な大学での研究成果も多数発表されています。
先進医療として実施される医療機関も一部ありますが、
多くは公的保険適用外の自由診療として提供されており、治療費は高額になりがちです。
診断保険金と合わせて治療保険金として60万円の保険金をお支払いすることで、
がん免疫細胞療法の治療費のかなりの部分をカバーできるように設計しました。

がん免疫細胞療法を受けたにも関わらず 【がん診断から1年以内にがんで死亡した場合100万円】

がん免疫細胞療法の治療効果は学会で多数発表されるなど注目されています。
その中でも抗がん剤など三大治療との併用で行った場合、
三大治療を単独で行った場合と比較して、延命効果を示す研究成果が出ています。
仮に治療の甲斐なく早期に亡くなられた場合には、
ともにがんと戦う家族に少しでも感謝の気持ちを表したいという
現場での患者さんの声に応え、死亡保険金をつけました。